住宅ローン金利の種類の変更はできる?

東京スター銀行の「スターフィット住宅ローン」は借入当初に選んだローン金利型からの変更が、変動金利の場合は半年毎に、固定金利の場合は固定期間終了時に行なえます。
通常、金利種類の変更の申し出をしない場合、変動金利型の場合は6回目の約定返済日(ローンの支払日)、固定金利型の場合は、それぞれ36回目、60回目、120回目の約定返済日に、その時点での変動金利型の金利での見直しとなり、すべて変動金利型のローンになります。
変動金利型から固定金利型への変更、または固定金利型を再度希望する場合のみ、銀行への申込が必要となります。
金利変更の申込のタイミングとしては、上記約定返済日の前営業日までに銀行に金利変更の申し出を行なう必要があります。
またその際に変更手数料10、800円(税込)がかかります。