つなぎ融資不要のケースとは?

従来は住宅ローンを組む上で、ほぼ必要不可欠な存在であったつなぎ融資ですが、近年はこのつなぎ融資が不要なケースも存在します。
これまで住宅ローンといえば、その該当する土地や建物に抵当権を付けることによって融資を実行していました。
しかしこの抵当権は建物が完成していなければ、付けることができなかったため、建物の完成までは住宅ローンの本審査が行えなかったのです。
そのためつなぎ融資の必要性があったという訳です。
しかし近年では、建物が完成する前でも住宅ローンによる融資を実行してくれる商品も提供され始めています。
当然最初からローン費用が手に入るわけですから、つなぎ融資を利用する必要はなくなり、スムーズな返済計画が可能です。
http://xn--t8jhqxa6dwbd5s6663fs9la.com/