寝る前のパソコン使用が不眠症の原因に?ブルーライトカットの影響とは

不眠症は体調や心の状態に左右される病気のようなものである、というイメージを持っている人も少なくないでしょう。
しかし、ちょっとしたきっかけで誰にでも起こり得る症状です。
体の調子も悪くないし、悩みなど無いのに眠れない、という人の不眠症には、実は身近なところに単純な要因が存在する場合があります。
まず、寝る直前の行動は睡眠に大きな影響を与えます。
寝る直前にイアホンで音楽を聴いたり、暗い部屋でパソコンを使ったりすると、耳や目が刺激を受け、神経が高ぶってしまい、結果眠れなくなることがあります。
これが原因の不眠症の対策としては、「しない」ことが一番ではありますが、パソコンでの作業はどうしてもやらなければならないということもあるでしょう。
そうした時には、パソコンのディスプレイの設定から画面の明るさを調整したり、あるいはパソコン用メガネを使用したりするなどといった対策を講じるのが良いでしょう。
これだけでも目への負担が軽減され、立派な不眠症対策となります。
この他にも身近なところに不眠症の原因が存在し、単純な対策で不眠症が解消できる可能性があります。
自分の生活を省みて、自分なりの不眠症対策をされてみてはいかがでしょうか。
PC用メガネおすすめは?値段&効果を比較【度数入りも作れる?】